部屋ごとの生活シーン

「で、いくらですか?」「坪約五七万円です」住宅は一坪当たり○○万円という価格設定をするものらしい。「このモデルハウスは何坪ですか?」「床面穣でだいたい七○坪です」頭のなかで、ざっと価格を計算する。四○○○万円。土地を購入してこの家を建てる。ふつうの会社員では無理だろう。顔の再現性という言葉が頭をもたげてくる。たとえばこの半分のサイズで建てたとする。そのとき「顔」は同じだろうか?かつてメルセデスが一九○という小さい車種を発売したとき、自動車評論家の一部は「小ベンツ」という意味で「ショーベン」と棚撤した。だが、いつのまにか一九○は定着し、市場に受け入れられていった。小さくてもベンツはベンツというイメージは、保たれたように思う。はたして『GENIUS蔵のある家」はどう受け入れられるだろうか? 理想の部屋が集まると理想の一軒になるか?『蔵のある家』には、ミサワホームの若手社員が部署の垣根を払って横断的に集まってきたく生活提案プロジェクトチーム〉のアイデアも生かされている。彼らは約一○名程度のグループで、子ども室、主寝室、リビングルームとそれぞれグループを組み、どんな住まい方が理想的かl人々の要求を満たしうるかを考えつつ、部屋ごとの生活シーンを模索していった。

相模原市に戸建が欲しい方はコチラ【神奈川県相模原市中央区】なら,相模原市役所をはじめ,市や県の重要な機関が揃っており,たいへん利便性の高い暮らしを送ることが出来ます。交通網も充実しているので,神奈川県中のあらゆる場所にアクセスしやすいんです!そんな【相模原市中央区】内で戸建てを購入して,より快適な暮らしを目指しませんか?それなら,こちらのサイトに今すぐアクセス!

Subscribe to RSS feed